FC2ブログ

Shining

光ちゃんは 今日もキラキラ 男前(^-^)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 

≫ EDIT

いろいろな想い

このところ光ちゃんの名を随所で見かけるのはいいんだけど、
毎日毎分毎秒、ほんっとにお疲れ様(ToT)!そんな感じの11月。
やっと…というか、もうというか、なんとか半月が過ぎました。
(色々含むので伏せます、すみません。
 苦手なかたは前の記事をご覧ください。)

web拍手 by FC2


アルバム曲を何曲もテレビで聴けるって、すごいですね。
何気に大サービスなんじゃないでしょうか。

Mステ、カミスン、MJ。テレビだけでも3つ。
(某レギュラー番組を入れたら4つ。)
FMラジオでも特集2つ。←聴いてないけど。
(NHKと、あとどこの局かは忘れた。)
アルバムなのに、シングル並みのプロモーション。

あ、まだFNSとか日テレとか音楽祭系があったか。
気合が入ってますねぇ。

とにかく、やたらいろんな場所での出演が多すぎて、
でもそれらを把握しなきゃって気が起きない自分に
いやぁ…私もここまで来たかぁ…と目を細めてしまいます。

唯一、日時を把握してる某レギュラー番組さえ、
放送時間が変わる日があることが全く頭になくて、
先週はまるまる録れてなかったし、先日も開始から5分程しか録れず。
でも、それほどガッカリって感じでもないし
(光ちゃんの可愛い場面とかは他所様で助けて頂けるので(^^)v)
たった5分の光ちゃん&光ちゃんの衣装が
カッコ可愛くて素敵~☆と、それだけで幸せになれる。

NHKの「MJ」(MJと言えばマイケルジャクソンじゃないのか(^^;))も、
座ってるときも歌ってるときも、背筋がピン☆と伸びた光ちゃんは
とても美しいし、一人暮らしの面白エピソードも和やかだったし、
perfumeへ曲を提供するとしたら、どんな曲にしますか?って質問に
一生懸命考えを巡らせて答える光ちゃんの言葉には思いやりが感じられたし、
嬉しそうに笑うperfumeのみんなの顔も嬉しかったし、
話す言葉の選び方ひとつひとつに品があって、
やっぱり素敵な人だな☆と楽しい気持ちになれる。

どんな場でも凛として美しい光ちゃんを見てる分には楽しめるけど。
放送を見逃しても聞かなくても、素敵で信じられる人で
ほんとに嬉しい(^^)けど。

アルバムが発売されても一度も音楽番組で披露できず、
初の海外ツアーをしても一度も国内で報道されず、なBPMとは
えらい扱いの違いです。

猛プッシュプロモの甲斐&効果があったかどうかは、
とりあえず一旦決着、なのかな? 初動15.2万枚。
事務所はこの数字を想定内ととるか、想定外ととるか。
ちなみに、2年前のJアルバムは初動17万枚。
年10000ベースで進む固定ファン離れ…ということ?

どのジャニーズのグループのCDも、初動を支えるのは
根強い固定ファンだろうと思うけれど、
今回のプロモが、曲を提供した作家陣を前面に押し出したのは、
固定ファンではなく、新しい層にアピールしたいと考えての
ことだったんじゃないかと思います。

でも、ジャニーズのCDはジャニーズファンではない一般の人にとって
よほどの大ヒット曲でもなければ購入には結びつかないというか、
敷居が高いんじゃないかな?と思います。
え?ジャニーズ買うの? みたいな目でみられるのが
恥ずかしいな…とか、そういう感覚。まだあると思います。

最近なんて特に、ダウンロード販売が広まってることもあるし。
ジャニーズ、ダウンロード販売してないのかぁ(泣)
じゃあ、とりあえずレンタルしてみよっかな、という。
それでi podに入れれば、そのアルバムに関してはそれで終わり、という。
ダウンロード販売をしないアーティストや会社には、
それでも売れるCDだからOK!という自信がないと厳しいですよね。

豪華作家陣押しのコンセプトに関して、
日曜日に感じたことがあったので、ひとつ。

日曜日、達郎さんのラジオ「サンデーソングブック」。
(毎週主人が録音しています)
冒頭で、現在開催中のご自身のコンサート(来年5月まで続きます!)
のお話をし、また、ツアーの準備に追われているため
番組で凝った特集を組むことができない、
ずっとリクエストをかけてきたけど
今週はもうハガキを読む余裕もない、なので今日は
「棚からひとつかみ」(達郎さん自身の選曲)+リクエストでいきます、
時間がとれるようになったらまた特集をします、
というような内容を話されたのですが、
そのあとかけた1曲目の曲は、
なんとGバージョンの「いのちの最後のひとしずく」でした。
以下、その時の達郎さんの言葉です。

『先週KinKi Kidsのですね、通算11枚めのアルバムが発売されました。
 Kアルバムという。
 今回は企画性の強いアルバムで、色々な作家の方、
 シンガーソングライターいろんな方がいらっしゃいますが、
 色々なかたがKinKiのために書き下ろしで曲を提供しております。
 全部で13曲。この中で私の曲が1曲入っております。
 私はこれは書き下ろしじゃなくてですね、新しいアルバム
 「Ray of Hope」の中から彼らが選曲してくれました。
 「いのちの最後のひとしずく」
 私の曲にしてはちょっと異色な言葉の世界でございますけど
 これをKinKiが歌うとどうなるかと。
 発売されたばかりのKアルバム、今日お聴きを頂きたいと思います。
 リクエストを頂いております、…(住所と名前4名程)、
 KinKi Kids版の「いのちの最後のひとしずく」
 リクエスト下さいました、どうもありがとうございます。』
(曲フルバージョン。2番は光ちゃんメインでした(^^))

そして、なんと最後の曲も「いのちの最後のひとしずく」、
達郎さんバージョン。

『今日の最後はですね、今日1曲目、KinKi Kidsの
「いのちの最後のひとしずく」お聴きを頂きました、
11月9日に発売されましたKinKi Kids Kアルバム、よろしくお願いします。
なので最後は私自身の(笑)「いのちの最後のひとしずく」。
ちょうどお便り頂いています、○○市のxxさん…
(以下近況のやりとりとコンサートへのお誘い、そして曲)』


この流れを聴いて、うーん、なんだかな…な気持ち。
確かに、ご自身が関わっている曲ではあるけれど、
ここまで達郎さんがお願いしなきゃいけない必要があるのかなぁ~と。
私個人の感覚ですが、なんか、言わされてる感が…。

たしか、坂崎さんと拓郎さんのラジオでも、
拓郎さんの提供した曲をかけたんでしたよね。

そうか・・・。事務所の狙いはここにあったのかな?
色々な作家さんが関われば、それぞれご自身の番組で
こんなふうに宣伝紹介してもらえると踏んで…。

「感謝」「絆」とか言ってるけど、
これじゃあ恩を返すんじゃなくって、
おんぶに抱っこで頼ろうとしてないかい?な企画…
だとしたら、いやはや涙(T T)だと思いました。

豪華絢爛な作家陣と「メモリアル」という言葉が売りのアルバム。
はたからみれば、まさに集大成!な内容。
なのに、光ちゃんは「集大成ではない」と言う。
なんとなくわかる気がします。

これを「集大成」とは言いたくないよね。
しかも、過去の全シングルのPVまで付いてる。
それで勝っても、ずるいもんね、勝負じゃないもんね。満足してないよね。

私は、Gに関しては感情がなくなってきたけど、
光ちゃんはKinKiでもきちんと真正面から
勝負したいんだろうな…と思います。

「集大成」と呼ぶにふさわしいものを作るための努力と協力を
相方に望んだり、意見を交わすことは不可能とわかっていても、
今のGを支えているのは、新しい可能性を真摯に模索する光ちゃんの
KinKiとKinKiの将来を大切に思う気持ちより
仲良しキッズと安易な合作を望むファンしかいないとわかっていても。

そんなKinKiで光ちゃんは何を目指すのかな。
そんなファンに光ちゃんは何を届けるのかな。
そう思うと、とてつもなく切なくなるけれど。

いいよ、光ちゃん、思うようにやってごらん。
と、そっと応援する感じ。

次のアルバムが・・・もし次のアルバムを出すのなら、
過去にGが好きな時期があり、楽しい思い出があったPVを見たくて
初回盤を買ってしまった元Gファンの人たちや
豪華な作家陣の名前につられて買ってみた人たちとは無関係の、
軌跡も絆も出し切ったあとの、まっさらなアルバム。
なににも縛られない、惑わすもののないアルバム。
それが本当の転機かもしれないという気がします。

バランスをとるためにアンバランスにすることを辞めていれば、
Gはこんなことにはならなかったのになぁ…。


トラビス氏の待つロスへは一体いつ行くのかな(*_*;)
ひょっとして時間がないからってことで
振り付けの映像がPC経由で届いてるんだろうか?
で、それを家で予習するのに3日でロスに3日でハイ仕上げ!
なんてことないよね、まさか…とか。若干、心配。

でも、これまで同様(T T)、どんな過程を辿るにせよ、
光ちゃんは決して諦めず最終的にはハイクオリティな仕上がりを
私たちに魅せてくれる人ですから。
博多座初日には目を見張るような新しいSHOCKが誕生する!
その点は、信じて疑いません。


先日一緒にお出かけした光ちゃんファン友さんから、
私が持っていなかった1/2コン初回盤のCDを貸して頂きました。
「Where is Tommorrow?」「In Our Dreams」
「Melting Snow」「Tempermental Fool」の4曲入りCDです。

いままでDVDを通して目で観て楽しんでいた曲たちですが
音だけで聴いたら、逆にすごく世界が広がって!!驚きました。
先にCDで後からDVDを見てさらに感動、っていうのはよくあるけど、
こんな体験は始めてかも。

特に、「In Our Dreams」
いいです。光ちゃんの詞が胸に迫ります。

 出逢いは君にとって どんな意味があるのかな
 失う物が多くて 傷つく事もあるだろうね
 涙浮かべたままの笑顔で 僕を見つめてた
 何でもないと強がるけど
 君を信じてる僕がいる いつまでも
 誰も入れない 2人だけの夢の中
 強く手を握り締め
 信じる物すべて 心の奥につめこんで
 明日へと Good-bye, Your Lonely Heart


だよね、だよね!!

「信じる物すべて 心の奥につめこんで」

本当の優しさを持つ、光ちゃんの言葉が好き。
優しいだけじゃなく、強く励ましてくれる
光ちゃんの言葉が大好き。
光ちゃんが全力で作りだす世界が大好き。

つらいときも楽しいときも、たくさんの光ちゃんファンの心に
光ちゃんの優しい言葉がありますように。
光ちゃんファンの願いや想いが光ちゃんにも届きますように。
素敵な夢を、見続けられますように。

以上、いろいろな気持ち、でした。
次からはまた平常に戻りますね。f(^^;)
長々とお付き合い下さってありがとうございました。m(_ _)m

| Koichi Domoto | 18:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT